menu

常光円満寺 永代納骨堂

ご先祖様の供養における提案

近年の高齢化社会や未婚率の増加にともない、お墓の後継者がいないというご家族も少なくありません。
代々のご先祖様の供養する新しい方法として、納骨堂での供養が注目を浴びています。
大阪府吹田市の納骨堂「舎利殿」では、ご先祖様の納骨を承っております。
ここでは、納骨堂の費用についてお伝えします。

■納骨堂の費用を抑えられる

どんなに不景気であっても、冠婚葬祭に関する支出はあまり縮小されることはありません。
特に、葬儀関連の費用は、お亡くなりになったご家族への敬意から、できる限りお金を工面したいと考える人も多いでしょう。

納骨堂は「室内のお墓」ともいえるもので、墓石のような高額な初期費用は不要です。
また、納骨堂は永代供養であるため、万が一墓守がいない場合でも墓じまいにかかる費用トラブルもありません。

■納骨堂の費用の目安

大阪吹田市の「舎利殿」の納骨に関わる費用は次のようになります。

・カード式納骨堂:70~90万円
空いているブースにカードをかざして、ご先祖様の供養を行います。

・ロッカー型納骨堂:40~50万円
納骨堂にご家族専用のスペースを確保し、ご先祖様の供養を行います。

・仏壇型納骨堂:85~240万円
納骨堂にご家族専用の仏壇を確保し、ご先祖様の供養を行います。

■その他かかる費用

・護持会費(年間管理費):毎年1万円。※初年度は無料。
・二霊目以降の永代供養料:10万円。※常光円満寺の僧侶が葬式を執り行った場合は不要。

 

納骨堂による永代供養は近年のお墓にまつわるトラブルを解決するだけでなく、お墓関連の費用を抑えられます。
大阪府吹田市の納骨堂「舎利殿」では、ご先祖様の納骨を承っておりますので、お気軽にご相談ください。